*

オススメな「リードメール」サービスを紹介

公開日: : スマホで稼ぐ方法

リードメール

「リードメール」で稼ぐ方法・おすすめサイトを紹介

リードメールと言えば、メールを受信することで報酬を得られるタイプのサイドビジネスですが、アフィリエイトが普及するよりも前からサービス展開されていた副業の走りのような存在です。
本記事では、リードメールの歴史やオススメのサービス、稼ぐためのコツについて紹介します。

リードメールの背景や歴史

リードメールは、実は日本だけでなく海外でも多くのサービスが存在しています。
むしろ、誕生したのはアメリカであり、Paid to Read Email=PTRと呼ばれています。
その流れが日本にまで展開されて、日本ではリードメールと命名されて、今に至ります。

本場アメリカで、サービス誕生後に瞬く間に普及しましたが、逆にサイトが乱立してしまい、本来の目的である広告の閲覧効果が薄まり、廃業したサイトも少なくありません。
日本においても、普及当初は多くのサービスが見られましたが、徐々に淘汰されており、更に報酬額も低く設定されているケースも見られます。
ただ、サイトを閲覧するだけで報酬を得ることができる点と、ダウン報酬が魅力的で、根強い人気を誇っています。

リードメールサービスを提供している企業一覧

2017年現在で、リードメールサービスを展開している企業には、以下があります。

巌重直樹:流石めーる

特徴:老舗のリードメールサービスです。2ch風の絵文字が印象的ですが、至って運営は真面目に行なっています。

ABCリードメール運営事務局:ABCリードメール

特徴:サービス登録者数2,000名近くを確保している、リードメール界で一大勢力を築いているサービスです。

オフィスエム:キングオブリードメール

特徴:換金実績500万円をオーバーしている、堅実経営が魅力的なサービスです。

オススメできるリードメールサービス

最近では淘汰されているリードメール界ですが、まだまだ稼げるサービスであることには違いありません。
その中で、オススメなリードメールサービスを2つ紹介します。

まずはじめに紹介するのは、キングオブリードメールです。
ポイント換金実績が500万円を突破して、非常に活気づいているサービスという印象です。
キングオブリードメールの最大の特徴は、なんと言ってもメールの配信数がダントツに多い点です。
多いときでは、なんと一日100通ものメールが配信されることがあります!
そのメールに付いているリンクをクリックすることで、報酬を獲得できます。

メール単価も0.1円~1円のものまであり、効率よく稼ぐことができます。
また、サイト内広告のクリックでもポイントを獲得できます。
こちらも、最大1円の広告がありますよ。

換金ラインは500円からと若干敷居が高い印象ですが、これだけの高単価ですので達成することは決して困難ではありません。
換金先には、楽天銀行と住信SBIネット銀行が用意されています。

ダウンライン制度があり、4ティアで報酬を獲得できます。
報酬額も、20%-2%-1%となっているので、お友達を多く紹介すれば余計に多く報酬ゲットできますよ!

次に紹介するのは、ABCリードメールです。
実稼働ユーザーが1,800円を超えるなど、未だに根強い人気を誇っているサービスです。
1ポイント=1円とわかりやすいレートを採用しているのも特徴です。

メール配信数はそこそこ多く、報酬単価は0.1P・0.15P・0.25P・0.5Pとなっています。
流石に高報酬な広告はないのですが、メール配信数が多いのでコンスタントに稼げる印象です。
また、ABCリードメールではスマートフォン向けの広告も用意されているのが特徴です。
電車での移動中など、手が空いている時に手軽に稼ぐことができるのは非常に良いですね。

ポイントの換金は500ポイントからで、楽天銀行と住信SBIネット銀行から選ぶことができます。
但し、楽天銀行への振込の場合は手数料50円が引かれますので注意しましょう。
クリックポイントや毎週金曜日と毎月末のポイント抽選会があり、リードメールだけでなく様々なところで稼げる点も魅力的です。

リードメールで稼ぐためのコツは?

リードメールで稼ぐためのポイントとしては、まずはメールから着実にサイト閲覧していくことです。
サイト内でメール一覧をチェックできますが、メール配信されたものをクリックしたほうが効率よくクリックできます。
メーラーの設定で、フォルダに振り分けしておくと、更に効率よくメールチェックできますよ!

また、サイトによっては抽選会やガラガラくじなどのゲームが用意されています。
このゲームで、一攫千金も可能ですので、有効利用することで更に稼ぐことが可能です。
そして、ダウンライン報酬も見逃すことができません!
ブログなどをお持ちでしたら、積極的に紹介してお友達を増やすことで、楽して稼ぐことも可能です。

どのくらい稼ぐことができるのか?

リードメールでは、メインコンテンツであるメールクリックでは、爆発的に稼ぐことはできません。
メール配信が多いときでも、月20円程度稼げれば上出来というイメージです。
もちろん、ただクリックするだけでこれだけの報酬を得ることができれば万々歳とも言えます。

やはり、ダウンラインを多く獲得することがリードメール界で稼ぐポイントです。
多くのサービスで、子会員からの20%の報酬を獲得できるようになっています。
単純に、5名紹介すれば1名分の報酬を獲得できるという計算が成り立ちます。
是非ともお友達を多く紹介しておきたいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
リードメール界は一時期の勢いがなくなったのは事実ですが、今は淘汰されて厳選されたサービスのみが生き残っています。
よって、どのサービスもおすすめですが、ダウン報酬とゲームなどで稼げるサービスをチョイスすると、より効率よく報酬をゲットできます。

ただ、稼げる報酬額については頑張っても月に100円にも満たない・・・というのが悲しい現実。
ガッツリ稼ぎたいならお小遣いアプリを使った稼ぎ方を実践するほうが堅実です。

スマホで稼ぐ方法

お小遣いはたりてますか?

ゲーム代や飲み代、自由に使えるお小遣いが足りない・・・という方にオススメ! 「ポイントサイトを使って月に3万円稼ぐ具体的な方法」を見ればあなたも毎月カンタンお小遣いアップ!

関連記事

ドラケン

スマホのゲームで「稼ぐ」為に知っておきたい知識

スマホで稼ぐための方法は当サイトでも紹介している通りいくつもの方法があります。 代表されるものとし

記事を読む

スマホで稼ぐ前に注意しておきたい3つのポイント

スマホで稼ぐ前に注意しておきたい3つのポイント

トラブルが近くに潜むかもしれない!   スマホで行う副業は手軽な一方で頑張り次第では本業に

記事を読む

ノートPC

スマホでも稼げるが、本気で稼ぎたいならノートPCを買おう

当サイトではスマホで稼ぐための方法を具体的に紹介していますが、お小遣いアプリやポイントサイト

記事を読む

スマホ副業で月間10万円以上稼ぐことは可能?

スマホ副業で月間10万円以上稼ぐことは可能?

スマホ副業で月間10万円以上稼ぐことは可能?  スマホでの副業において、初心者が一つの目標とす

記事を読む

スマホのお小遣いアプリで即換金する方法は存在する?

スマホのお小遣いアプリで即換金する方法は存在する?

即換金?!なんか怪しい気がするけど・・・  スマホにおいての副業の中で一番定番な方法が、ポ

記事を読む

mac book air

ランサーズ・クラウドワークスはスマホで稼げる?

Photo credit: Peter Ras via VisualHunt / CC BY-NC-

記事を読む

スマホで副業の時代!おすすめなスマホ副業ランキング

スマホで副業の時代!おすすめなスマホ副業ランキング

今、注目されているスマホ副業って何?  ガラケーの時代から携帯での副業というのは注目されていま

記事を読む

スマホで稼げるアプリの正体とは?

スマホで稼げるアプリの正体とは?

スマートフォンの普及によって需要も高まってきた「稼げるアプリ」ですが、まだまだ世間一般に広く知られて

記事を読む

最も効率的な「スマホで稼ぐステップ」

最も効率的な「スマホで稼ぐステップ」

スマホで稼ぐための近道を知ろう!  「スマホで稼ぐ」と一言で言っても、ポイントサイトからオ

記事を読む

社会人が気軽にできる「お小遣い稼ぎ」方法とは

社会人が気軽にできる「お小遣い稼ぎ」方法とは

社会人のお小遣い稼ぎは「いかにして隙間時間をお金に変えられるか」に尽きる 社会人、サラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リードメール
オススメな「リードメール」サービスを紹介

「リードメール」で稼ぐ方法・おすすめサイトを紹介 リード

オススメアンケートサイト
おすすめなアンケートサイトってどれ?どれくらい稼げるの?

「アンケートサイト」で稼ぐ方法・おすすめサイトを紹介 テレビ

お小遣い稼ぎ
改めて知った「お小遣い稼ぎ」の大切さ

私がスマホでお小遣い稼ぎを行うようになったのは今から4年ほど前。

副業で得たお金
苦しい時こそネット副業を始めるチャンス

私がアフィリエイトをはじめてから10年が経過したことは過去記事でも

アフィリエイトを10年続けられた理由。
アフィリエイトを10年続けられた理由。

筆者がアフィエイトをはじめたのは2005年。 振り返れば10年と

→もっと見る

PAGE TOP ↑